読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳ハウ応援団

治療は医師に任せておいて、自分は体を作りましょ

足の甲激痛!

てんかん実況中継

7日ほど前、なんば地下の近鉄と地下鉄が交わる場所あたりを歩いてたんです。

そこは人が梅田っぽく行き交う場所でいつも混んでます。

 

歩き慣れた布生地の白デッキシューズで速歩きめに歩いてたところ、左足を行き交う兄さんに踏まれたんですぅ。

 

 

どんだけタイミング一致やねん(笑)

 

歩きスマホでもしてたら追って行ったろうかと誰が踏んだのか探し出したんですが、兄さんは歩きづらい友達を介護しながら歩いてたんですよね(苦笑)

踏まれた白デッキシューズは汚れたので、コンチクショーとか思いながらキレイに洗って気分転換。 

 

 

で、踏まれた事も忘れていた2日後くらいに左足の甲あたりが歩くと痛むので、

 

新しく履き出した革靴が足に馴染んでなくて痛むんだとばかり…。

ところがスニーカーを履いても痛むので革靴がそんなにも足に合ってないんだと残念がってたところ…

 

あ!!  これ人に踏まれたからや!!コンチクショー。

そう思い出したんです。

 

思い出した途端、痛みが増します(笑)

階段上り下りやラジオ体操でのジャンプに痛さを感じる状況。

歩きは10分ほど歩くと痛さ和らいできて、少し笑顔でやや早歩きになったり。

 

座っていて、ふと立ってトイレに向かうときとか激痛。

 

なぜ痛むのか把握できなかったので、まずは貼るカイロをペッタリ温める…。

2~3分で劇痛!! 「激」じゃなく「劇」。これはイカン。即止め。

 

 

次に、小さい保冷剤冷やす

 

ん?なんとか落ち着くな。

とりあえずと、晩に鍼灸整骨院を訪れると…。

 

「保冷剤で冷やすのは危険です。低温ヤケドしますよ!」……。

 

ということで、素直に氷で20分冷やして、40分は休憩。

で、また20分冷やして、40分は休憩を痛みが落ち着くまでという今日この頃です。

 

風邪でも捻挫でも打撲でもそうですが、

何のシンドさや痛みもなく、異常なしで動けることがいかにありがたいか分かりますね!

 

痛みは医者に任せておいて、体作りに励みたいと感じる今日この頃でもあります。