読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳ハウ応援団

治療は医師に任せておいて、自分は体を作りましょ

前兆と感覚

てんかんと診断されてから21年。ながっ(笑)
 
 
診断されてから4〜5年目くらいは前兆が年に1回程度でした。発作も2年に1回程度。
現在は発作は差ほどないですが、
前兆が非常に多いです。
 
さて、その前兆ですが、僕の場合ですが、
自分にしか分からないもので、周りは気付かないことが多いですね。
 
たまに、気付いてもらえることもあり、その気付く時の例えをいうと、
子供が車や電車で乗り物酔いをしてるとき顔色が悪かったり表情が暗いときに似てますね。なんしかいつもと表情が違うみたいです。
 

 

じゃ自分自身はどんな気分や調子で前兆を耐えているかというと、
あくまで僕の場合ですが、
 
健常者の人でも地名や人名を思い出そうとしても中々思い出せず
時間がかかったりすることがありますが、その感覚に非常に似ていて、
30秒くらい時間が経つとだんだん耳鳴りがするような感覚で、
人声やテレビ音など周りの音が認識できなくなる…。
会話中だと相手が何を話しているかも分からなくなる…。
 
小さな前兆だと周りも気付かず何秒かで元に戻ります。
ただ、自分から話せず、笑顔で何とかうなずく雰囲気です。
 
大きい前兆だと自分が耐えていることを話でも伝えれず、頭の横や後が熱っぽくなる。周りの音は全く分からず、自分が何を見ているのかも分からなくなってきます。
同時に、乗り物酔いの様に気分が悪くなるので、ジッとしています。
おさまると大体トイレに行きたくなり大便をすることが多い。済むと元通り。
だからトイレにいてる間は、元に戻れるかどうか不安になることもあります。
 
 
この状態を超えると、おそらく「発作」につながるでしょう。
なので、発作につながらないよう薬が必要だと思います。
 
そう、発作は薬で抑えていて、薬を飲むから治るというものではありません
治す薬はないのです。そう、てんかんを治す薬はありません
 
では、どうやって改善するのか?
 
これもあくまで僕の場合ですが、
・薬を服用して予兆や発作を抑えて、身体から忘れさせる
新しい体作りをする。
 
僕はこの2点だと認識しながら生活しています。
 
 
さて、じゃあ普段ほぼ健常者であるような自分が、
何故「前兆」というものが起こるのか?
 
僕はこの一番グレーな部分を理解するのに、8年が経ちます。
まだ解明とまではならないですが、素直にてんかんと向き合って、
体や脳そして心がどう動こうとしてるのか?
 
そして抑えるだけでなく、どうすれば改善していくのか?
 
この点を、解らないながらにも見つめ続け、
回数を重ねることによって何となく把握できるようになってきました。
 
 
それは、ストレス、疲労、睡眠不足。この3点です。
疲労は回復するのが簡単です。睡眠不足もある程度簡単ですが、
時間長く寝ていれば改善するというものではなく、「質=クオリティ」が大切です。

疲労と睡眠不足は環境や食生活を改善していけばいいですね。


ストレスを把握するのが難儀で、
プラスなストレスもあればマイナスなストレスもある。
自分の周りの人的な環境を選んで改善していけば、
プラスなストレスを得て刺激となり向上できるでしょう。
 

僕は自分にとってマイナスな事を無意識に考え込んだり、
気にしたりすることが多いので気が付くと、ずっとその事ばかり考えていたりです。
頭から離れない感じですね。無意識に、です

すると、だんだんメンタルが凹んできて動きにくくなる。
 

とりあえず寝ようと意識を変えようとすると、寝入るまでに余計に考え込み、
寝てる間は夢などでずっと考えていたことが出てくる。

そして朝方になると、実際に動いていたかの様な夢を見て、
起きていたのか寝ていたのか区別か付かず、気持ちが重いまま起床。
 
それをなかなか追い払えない。
 
マイナスなストレスの上に、睡眠不足が重なり、原因が増え、前兆が起きやすくなる。
そんな日が続くとおそらく前兆ではなく、発作になると思います。

その原因が積み重なる途中は、
いまいち楽しめなかったり、笑顔がなかったり、不安感が漂ったりです。
マイナス思考ですね。まず表情があまり良くない。
 
 
そこで、です。 
 
前兆が多いということは
自分がその環境に合っていないということを気付かせてくれるということです。
ストレス、疲労、睡眠不足が積み重なっているんだなということに気付かせてくれます。なにかそこに原因があるということです
 
ですから、改善できることから改善していき、
様々な環境を自分に合わせていき、絞り込んでいく。
そう動くと改善されていくと思います。
 
そのままでいいのか、もしくは改善したいのかという考え方次第だと思います。
改善したいのであれば、
改善できることを「やってみる」ということだと僕は思いますね!